イロイロ作るのだ!!

手作りパン、お菓子、料理、工作、わんこの話
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ パン工作
CATEGORY ≫ パン工作
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今日も片付けだ

昨日の夜中に焼いたバタール
酔っ払って食後寝てしまったから2時間醗酵しすぎた^^;
一応焼けた


IMG_4440.jpg



この前IKEAで棚を買ってきて組み立て
今日、ホームセンターで材料を買って上の棚を作りました




IMG_444g.jpg







このキッチンの裏の壁面にsudohogeの料理の道具やホイロが置いてあったんだけど
隣の部屋に移動してしまいホイロも置き場がなくなってしまったところ
丁度いいサイズのコンロ台の下の部分が余りました
これをホイロに作り変えようかな


DSCF7746.jpg




中身
結構入りそうだ


DSCF7747.jpg







知り合いの熱帯魚屋さんで寸法を言って アクリル水槽を作ってもらった^^
注文してすぐに出来てビックリした




DSCF7748.jpg




水槽入れたところ
写真多くてすみません^^;




DSCF7749.jpg





とりあえずの加湿と加温の機械とファンなどを入れたところ
以前は3段入るホイロだったけど2段にしました

DSCF7750.jpg




前の蓋を取り付け
これで一応使えます^^



DSCF7751.jpg





今日のワンコ







スポンサーサイト

パン用銅天板&鉄平天板作ったよ

自作スリップピールを作ったんだけど横に置いたもんだから
焼けた天板に移す時に転んでくっ付いてしまたから
2枚重ね使用の天板作りました
先に焼いておく天板は鉄製で後に乗せる板は純銅製で熱伝導がいい
銅だけだと柔らかすぎるから鉄の板も使用しました



初めにエアプラズマカッターで1.6mm鉄の板を切ります
端はよくバリを取りましょう オーブンが傷つくからです
1.5ミリ程小さく作ります 熱膨張で鉄の板が伸びるため




DSCF7642.jpg









銅の板はエアプラズマでは切れないからマル鋸に鉄用の超硬チップソーを付けて切断
切る時に歪まないように刃の出ししろは少しだけにするといいよ


オーブンに入れたところ 使う時は2枚重ねて使用します
写真はよく解るようにずらして撮影してます



DSCF7648.jpg





焼けた天板に乗せた時ほどじゃないけど底もきれいに焼けました
裏側の写真とってませんが ^^;



IMG_4342.jpg






今日のチビワンコ



DSCF7645.jpg






母ワンコはフランスパンもらって食べてます




スリップピール作ったよ

バタールなどを焼くためにスリップピール作ったよ
やはり焼けた天板に生地を乗せたほうが底の焼け方が違うから作りました
ホイロにも入れれるように材料はステンレスを加工しました

初めに布を大きめに切断してロックミシンでほつれどめ


DSCF7604.jpg


sudohogeだから適当にこんな感じ 同居人は細部まで細かい人です

DSCF7606.jpg





ステンレス棒6ミリを切って TIG溶接機でアルゴン溶接する
100均のステンレスパイプも使用したよ
今回は焼け跡は取らないでそのままにしました


DSCF7611.jpg



フレームが出来ました
パイプの部分は移動式だ
なぜなら・・ 後で説明します


DSCF7613.jpg

 


布張った状況



DSCF7615.jpg




ホイロにそのまま入れれるよ
ホイロに入れるときは手前の棒をスライドして 布をたるませます


DSCF7617.jpg



焼けました




IMsG_4307




切った


IMsG_4308





今日のチビワンコ



IMG_4299.jpg







チビワンコの母犬の子供の時と昼寝中のsudohogeの写真です





ssfdewerw.jpg

キャノンEOSの赤外線リモコン作ったよ

この前作ったレリーズは電線が邪魔だったから
赤外線のリモコン作ったよ
 
キャノンEOSのグリップの所をよく見ると赤外線の受信部らしきものが
これは使えるのでは?

ネットで調べてみるとPIC16F84AというICでお作りになられている方がいらっしゃいました!
このチップ得意だ HBもこれで改造したし

しかもその方はプログラムも公開していた 頂いて帰った
プログラムの中身を見るとニコンでも使えるようになっていたけど
家では必要ないから 書き換えた

いいケースが見当たらないから 
いらなくなったエアコンのリモコンのケースと赤外LEDを利用した

スイッチの容量が足りなかったから スイッチ飛び出ちゃった!
大変便利!
何秒かしてからシャッターが切れるのか まあ良いか!


以前使っていた自作レリーズ
IMG_2433.jpg




イロイロ作るのだ!!カメラリモコンだよ

飛び出たスイッチが格好悪い^^;
IMG_2443.jpg

自作バヌトン使ってみた

HBで捏ねた生地を自作バヌトンに入れ醗酵

せっかく底を五角形にしたから5本クープを入れた
生地が乾燥した分クープが入れやすかった
ちなみに以前自作天板つくったよ

IMG_1492.jpg




焼き上がり



IMG_1494.jpg



布バヌトン作ってみた

100円ショップバヌトン(ザルとも言う)シンベルというのかな?
やはり余分な水分を吸収しないからクラストが薄かったから
布でカバー作りました これで正式なバヌトンか?

バヌトンの使用なのか底の直径140ミリ高さ90ミリが収まるように
図面をCADで書いて印刷し原寸の型を置いてみた


IMG_1485.jpg




同居人のロックミシンを借りて縫ってみた
途中分厚い底部分は手伝ってもらった


出来上がりー♪ 洗えるからイイッ \(^o^)/




IMG_1491.jpg







冬までにこの時期最後のデニッシュロールだよ

気温が27度を越すとバターが溶け出してしまうからデニッシュ生地は寒い時期にするんだけど
結構手間なので作ってなかったんだけど、ふと温度計を見ると25.5度 うーんまだ出来るな
よし!作ろうデニッシュロールだ(勝手に家ではこう呼んでいる)

HBでコネコネ30分醗酵して 少し平たく伸ばし冷蔵庫へ
バターも平たくポリ袋の中で伸ばしておく
生地とバターの硬さを同じくらいにする
バターを生地で包み、3つ折に→伸ばして三つ折→冷蔵庫10分→先ほどの動作をもう1回
合計三つ折x4回する (もう1回増やすとふわふわ度が増す)

ホイロへファンだけまわし加湿する

IMG_1456.jpg




醗酵完了 バター溶けなかった ホッ(^。^)



IMG_1458.jpg





250度で12分 一気に焼くのだ
柔らかサックリおいしーい



CRW_1463_RJ.jpg

いちごジャムパン1.5斤ケースで

いちごジャムを頂いてしまった
違う人が作ったいちごジャムはこれまた違う味だなあ 旨い
いちごジャムパン焼きますか

HBで捏ねた生地を取り出し巻き巻き

IMG_1401.jpg




アチョ エイっ スパっ 切っていく

IMG_1402.jpg




1.5斤ケースへ入れる ??? ちょっと少ない?
失敗の予感



IMG_1404.jpg





自作ホイロへ 膨らむのだーがんばれー 33度 湿度75% +酵母への愛情


IMG_1405.jpg






何とか膨らんだ ホッ 
しかしフタをして焼くにはちょっときついな (膨らみが少ない)
ふた無しで焼くことに酵母たちと相談し決定した。
酵母『俺たちはもうこれ以上無理だ後を頼むsudohoge殿』 (過醗酵になってしまう)
sudohoge『任せろ立派なパンにしてやるからな』 (こう言わないと酵母たちに悪い)
酵母たちはオーブンの中へ




IMG_1408.jpg




焼けたー いい香りー
ジャムがいろんなとこから噴出してますが(汗)

IMG_1409.jpg










シフォン型の底板製作

倉庫を片付けていたら銅板発見 純度99.9 厚み1.6mm 重いっ
前に何か切り取った後が???

IMG_1346.jpg



思い出しました 製作途中でほったらかしのワンコの置物
ビー玉を目にしていたんだけど どっかにいちゃった

IMG_1347.jpg



丸く切って磨いて裏側に吊り下げるための取っ手をつけた
取っ手は同じ材料をTIG溶接機で取り付けた
銅鏡を作っているみたいだ

IMG_1350.jpg



棚の中で転んでいた錫のカップで錫めっきだ!!

IMG_1351.jpg



いちおう完成!!
次は焼き焼きだ
シフォンの生地でスポンジケーキを焼いて吊り下げてみよう
うまくいくかなぁ

焼いてみた

IMG_1352.jpg

オーブンの天板製作

デバイスタイルCO-12の天板は割と小さいから平天板を作りました
オーブン庫内の高さは山形パンが焼けるくらいあるんだけど天板のサイズが一般に販売しているオーブンレンジのサイズと合わないため製作しました


倉庫にあった厚さ1.6mmの鉄板 (本来2.4mmくらいあってもいいかな) をエアプラズマ切断機で切断してバリをヤスリで削る

DSCF3662.jpg


油を塗ってシーズニング

DSCF3663.jpg


焼く面積が広くなった


DSCF3667.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。